FC2ブログ

梅雨入り

 関東地方は、ほぼ平年並みに梅雨入りしました。
 今年は、コロナ対策続行と言う「ハンディキャップ」を伴って、夏本番への
 「助走」開始ですね。
 蒸し暑さに加え、マスク着用で例年にも増して熱中症のリスクが懸念されており、
 情報機関でも盛んに注意を呼びかけております。

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 先ずは先頃の「アニマルパーク展」のご報告から。
 5月30日(土)~6月9日(火)の展覧会も無事終了致しました。
 コロナ対策の現況下、会場へお運び頂きました皆様、本当にありがとう
 ございました。心より感謝申し上げます。
 日本橋三越本店6階アートスクウェアでの次なる私の展示予定は、
 12月の「干支展」です。
 その際には引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 さて、今回は前々回のスケッチギャラリーを受けて、人形作品の
 「ブログギャラリー」の展開です。
 これまでに大小様々な作品を制作して参りましたが、今回はその中でも
 大きな作品を数点ご紹介致しましょう。

 DSCF0427_C.jpg
 〈天空の物語〉より 「雨」 2008年
  雨の精  60×60cmの箱形に人形奥行 25cm
  妖精たち 90×40×9cmの和だんす引き出し 3箱 人形頭7cm大

 DSCF2963.jpg
 〈天空の物語〉より 「炎」 2008年
  炎の精 135cm大

 DSCF2917.jpg
 〈天空の物語〉より 「雪」 2008年
  雪の精 115cm大

 DSCF0455.jpg
 〈天空の物語〉より 「風」 2008年
  風の精  花の径50cm 人形奥行20cm
  妖精たち 13~15cm大
 
 01121_NW003.jpg
 「満」 2012年 ニューヨーク・アートエキスポ展出品(アメリカ)
  パネル  70×45cm
  人形奥行 18cm
 
 121214_YS002_6MS.jpg
 「祈り」 2012年 ニューヨーク・アートエキスポ展出品(アメリカ)
  箱     60×45×25cm  ※観音開きの扉
  人形奥行 20cm

 121214_YS004_6MS.jpg
 「降誕」 2012年
  パネル   85×30cm 
  人形奥行 15cm  花の径 23cm

 140912_YS005_16M.jpg
 「Sakura」 2013年
  屏風  90×90cm 
  人形  50cm大

 140912_YS002_16M.jpg
 「天馬」 2014年
  パネル  65×40cm 
  人形奥行 35cm

 151208_YS002.jpg
 「羊神」 2015年
  パネル  70×40cm 
  人形奥行 20cm

 以上、今回は10作品をご紹介致しました。
 いかがでしたか。
 大きな作品はまだまだありますが、いずれの機会にまたお目にかけたいと
 思っております。
 また、小作品も折をみてご紹介致しましょう。

 本日はこれにて失礼致します。
 皆様、コロナ対策、熱中症対策の上、元気に梅雨時を乗り切りましょう。
 では、また、次回。

スポンサーサイト



お知らせ

 緊急事態宣言が解除されて、「新しい生活スタイル」に基づきつつ、日常生活の
 営みが始まっております。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さてそんな中、恒例の「アニマルパーク展の開催が決定しましたのでお知らせ
 致します。

 期日  5月30日(土)~6月9日(火)
 会場  日本橋三越本店 6階アートスクウェア

 まだまだ予断を許さない日常ですが、日本橋方面にお出かけの機会が
 ございましたら、よろしければお立ち寄り下さいませ。
 尚、出品作品は4月のブログにてご紹介致しました「忠々」5点と
 「キンネコ・コキンネコ」7点です。
 「忠々」には、少し違う角度から再登場してもらいました。

 IMGP7743.jpg
 何かご用?

 IMGP7746.jpg
 上を向いて歩こう!

 IMGP7752.jpg
 僕の場所

 IMGP7762.jpg
 ないしょ話

 IMGP7760.jpg
 しっぽでお邪魔

 IMGP7782.jpg
 おなじみキンネコ・コキンネコ
 
 「アニマルパーク展」のかわいい動物達とのひとときをお楽しみ頂ければ、
 幸甚に存じます。

 以上、お知らせ・ご案内まで。どうぞ宜しくお願い致します。


花水木

 「この病知ってか知らずか花水木」  脩巳

 街路樹のアメリカハナミズキが五月の空の青さに映えて、白にあるいは
 ピンクにと活き活きとして鮮やかです。
 世界的流行の新型コロナウイルス…未だにその勢いは衰えることを知らず、
 人々を苦しめております。

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 さて、今回はいつもと趣向を変えてブログ上での「スケッチ・ギャラリー」と
 銘打って展開致しましょう。

 IMGP7806.jpg
 折画帳とスケッチブック

 さっそくページをめくってみましょう。
 数あるスケッチの中から春~初夏の風物詩を数点ご覧下さい。

 IMGP7834.jpg
 ふきのとう

 IMGP7828.jpg
 八重桜

 IMGP7830.jpg
 アマリリス

 IMGP7809.jpg
 椿あれこれ

 IMGP7819.jpg
 壺に白椿

 IMGP7826.jpg
 竹の子
 
 IMGP7824.jpg
 君子蘭

 IMGP7817.jpg
 牡丹
 
 IMGP7831.jpg
 山藤

 IMGP7825.jpg
 八重山吹

 IMGP7832.jpg
 バラ

 IMGP7816.jpg
 花しょうぶ

 IMGP7839.jpg
 カタツムリ

 以上いかがでしたか。
 いずれも和紙(折画帳)と水彩紙(スケッチブック)に、墨、鉛筆、顔彩、
 水彩絵具でスケッチしたものです。
 ひとときお楽しみ頂ければ幸いです。
 大変な状況はまだまだ続きますが、皆様、くれぐれもご用心の上、ご自愛
 下さいませ。
 明るい未来を祈りつつ。 では、また、次回。


初蝶

 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 コロナ騒ぎの影響はますます大にして、人間界は長らく不穏な空気に被われて
 いますが、自然界では確実に季節が巡り、明るく快活な春本番を迎えて
 おります。
 春到来!
 その顕現たる本日1枚目のショットからどうぞ。

 IMGP7709.jpg
 蘭の花をよく見ると?

 育てて早や30年になろうかという我が家のシンビジウム。
 株分けを繰り返して、今なお咲き続けてくれております。
 と、そのシンビジウムの鉢から何とまあ一羽のモンシロチョウが飛び出したでは
 ありませんか。
 思わず目を疑ってしまいました。
 庭の植物ではなく室内の窓際に置いた鉢植ですので、そこから蝶が舞う
 などとはまったく想像だになく、それはそれは驚き以外の何物でもありません。

 推察するにおそらく昨年、鉢を外に出していた間にモンシロチョウの幼虫が
 蘭の葉裏に潜み、そのままサナギと化して、今、羽化したのでしょう。
 何はともあれ急ぎシャッターを押して捉えたショットです。
 このあとすぐに窓を開けましたので、蝶は春の陽光の中へと旅立って行きました。
 めでたし、めでたし。

 「初蝶や花の縁より出で発(た)ちぬ」  脩巳

 IMGP7726.jpg
 蝶が羽化したシンビジウム

 IMGP7722.jpg
 こちらはセロジネ蘭、甘い香り

 春の明るい話題に続きましては、お待たせ致しました、制作状況へ参りましょう。
 前回までのブログで制作過程をご紹介してきましたが、今回はいよいよその
 完成作品の登場です。
 どうぞご覧下さいませ。

 IMGP7769.jpg
 続「忠々」りんごシリーズ

 IMGP7771.jpg
 新「忠々」猫シリーズ

 IMGP7767.jpg
 全「忠々」勢揃い

 加えて今回はにぎにぎしくキンネコシリーズもご覧いただきましょう。

 IMGP7774.jpg
 コキンネコ

 IMGP7777.jpg
 キンネコ

 IMGP7783.jpg
 大小勢揃い

 以上、いかがでしたか。

 実は今回ご紹介した作品は、毎年恒例の日本橋三越「彫刻アニマルパーク」展
 (4月8日~)に出品、皆様にお披露目する予定でした。
 しかしながら、ご存知の様に緊急事態宣言に伴い残念ながら急遽開催中止と
 なってしまいました。
 そこで今回は、「与左右衛門人形アート」にて、まずはブログをご覧の皆様に
 ご紹介させて頂いた次第です。
 これらの作品は、いずれ皆様にご覧頂く機会があろうかと思います。
 その際には改めてお知らせ致しますので、しばしお待ち下さい。

 しめくくりに色紙絵の八重桜二題をどうぞ。

 IMGP7741.jpg
 丸窓

 IMGP7737.jpg
 扇面

 早咲きの種類はもう咲き始めております。
 現実のお花見はままならないかもし知れませんが、ブログでお花見の
 ひとときをお楽しみ頂ければ幸いです。

 本日はこれまで。
 皆様どうぞくれぐれもご注意の上ご自愛下さいませ。
 では、また次回。

馬酔木

 今年の春の訪れは、暖冬続きの所にいつの間にか滑り込んで来たような
 曖昧模糊とした感が否めませんね。
 例年より半月以上も早く、お向かいの家の庭に「馬酔木」の花が咲きました。
 本日のショットからどうぞ。

 IMGP7686.jpg
 こんもりとして豪華

 IMGP7687.jpg
 可憐な花房

 「馬酔木」…あしび。辞書に依れば「あせび」「あせみ」とも。
 ツツジ科の植物。有毒で牛馬が食うと麻痺することから馬酔木と書くとあります。
 そう言えば、広島県の安芸の宮島では、鹿達がこの馬酔木だけは避けるのだと、
 先日のラジオで耳にしました。 やはり、きれいな花には…。
 ご覧の様に薄桃色の可憐な花が小さな房状となってたくさん垂れ下がって
 います。
 花はやや肉厚気味ですが、量感のある花房の割には軽やかで、風に揺らぐ様は
 サラサラと音を奏でるようで、何とも言えぬ風情を醸し出しています。

 「花房の賑やかに揺れ馬酔木かな」  脩巳

 現在、新感染症が全国的に流行していますが、皆様にはお変わりなくお過ごし
 でしょうか。
 感染の拡大が留まり、一刻も早い終息を祈るばかりです。

 さて、制作状況に参りましょう。
 今回は、4月のアニマルパーク展(4月8日~21日、日本橋三越本店)に
 向けての制作継続です。
 尚、出品は他作品も予定しております。

 IMGP7660.jpg
 前回までのショット

 IMGP7684.jpg
  りんご1個となり半分となる

 IMGP7672.jpg
 りんご半分の形

 IMGP7683.jpg
 今年の干支のねずみ

 IMGP7670.jpg
 各々のパーツ

 以上、今回はこれまで。

 締めくくりに、春をイメージした色紙絵をどうぞ。

 IMGP7678.jpg
 ポピーの花1

 IMGP7681.jpg
 ポピーの花2

 因みに題名は、「はるかすみ」です。

 皆様、どうぞくれぐれもご自愛下さいませ。
 明るく穏やかな春本番を迎えられます様に皆様と共にお祈り致します。
 では、また、次回。

プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR