FC2ブログ

新緑の候

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 今回は、始めに近々迫った与左右衛門の展覧会情報からご紹介しましょう。

 ①21世紀アートボーダレス展
   会場   東京都美術館・ギャラリーC (上野公園内)
   会期   6月11日(水)〜19日(木)
         9:30〜17:30 入場は17:00まで
         最終日は14:00まで(入場13:30)
         入場無料
   テーマ  様々なジャンルや傾向に分類される多様なアーティストによる、
        境界なきアートの交流

 ②第15回創作人形展
   会場   ぎゃらりー花野(福岡県)
   会期   6月8日(日)〜21日(土)
        10:00〜18:00
   テーマ  「創作人形とねこ・猫展」

 上記の通り、6月は2会場への出品です。

 ①の「21世紀アートボーダレス展」へは、ただ今制作追い込み中の
 サクラ」を出品予定。のちほど、写真で制作状況をご紹介します。

 ②は福岡県出の開催ですが、各々会期中にお近くにお出かけの際には、
 お立ち寄りいただければ嬉しい限りです。

 IMGP1518.jpg
 早苗田と新緑の林

 IMGP1512.jpg
 夜の水田、中央に映る満月

 さて、ご覧の写真はすっかり緑一色に包まれたこちらの里山の水田の昼と夜。
 田植えも済み、昼夜を問わずカエルの合唱に満たされています。
 今では貴重な光景です。

 満月の夜に、”フンダラベンツ”(マイカーは自転車)で月が映る水田を撮影に
 出かけました。悲しいかなカメラマンの力量不足で、ご覧の有様ですが…

 「早苗田に満ちたる月の揺るぎなし」  脩巳

 澄み渡る5月の夜空に浮かぶ満月と、それが満面に水を湛えた早苗田に
 クッキリ映る姿は、えも言われず神々しく崇高な世界です。
 辺りはカエルが唱い演出。暫し、煩雑な現世を忘れる至福の時でありました。

 IMGP1535_convert_20140522003753.jpg
 どこに梅の実があるでしょう?

 IMGP1539.jpg
 我が左足と落ちている青梅

 次に近隣の道沿いにある梅林のワンショット。
 ベンツを止めて見上げれば青き梅の実。
 葉の繁みに紛れていて、よくよく見ないとみつけにくく、気付けばかなり
 大きくなっています。
 桜や藤や牡丹の花々に目を奪われている間に、梅の実はいつも間にか
 親指大になり、そして、足元には大小たくさんの青い実が落ちています。

 「青梅や踏めば生命の香り立つ」   脩巳

 この梅林はいまでは収穫していないのでしょう。手入れをしておらず
 荒れ放題です。
 踏み潰した実からは、梅特有の甘い香りが立ちのぼります。
 何だか梅の実の叫びが聞こえた気がしてなりません。

 さあ、ここで一息入れて制作中の「サクラ」についてご紹介しましょう。

 IMGP1419.jpg
 各パーツの研磨。

 IMGP1443.jpg
 研磨後、顔料で20〜30回吹き付けし、ほぼ完了。

 IMGP1423.jpg
 ボディに和紙を貼り込む。

 IMGP1428.jpg
 銀箔を押す。

 IMGP1434.jpg
 銀箔押し完了のボディと円台(径40センチ)。酸化防止のためドーサを4〜5回引く。

 IMGP1452.jpg
 目を入れ、唇に紅をさす。つけ爪を施す。

 IMGP1458.jpg
 ボディに頭と手を仮留めしてみたところ。

 IMGP1461.jpg
 頭部アップ。頭は首から動くようにして角度を変えることができる。

 IMGP1549.jpg
 桜の花をイメージし、5枚の花びらを模したつまみ細工による装飾。

 以上、この人形の背後を94センチ四方大の二曲屏風が演出し、
 光景を形創ります。
 現在、屏風とボディ、円台に桜の花びらを描画中。
 さて、どうなりますか。
 あとは、上野の東京都美術館でご覧ください。

 作品名を「Sakura」と致しました。
 会場でもう一度お花見をお楽しみください。

 さて、締めくくりにとっておきの写真を2枚、ズームアップ!

 IMGP1413.jpg
 ひと冬越えた卵から赤ちゃんカマキリ誕生。体長5ミリほど。

 IMGP1407.jpg
 色はソフトなゴールド。

 少し遡って5月上旬、お待たせしました。我が家のカマキリ、ついに誕生!
 ご覧ください。生まれてすぐのところを運良くキャッチ。
 ワサワサといるわいるわ。ちょうど卵から出たばかりとおぼしきところ。
 体長は5ミリほど。柔らかな黄金色。
 手を差し出すと、何とまあ、もうすでにあのカマキリ独特の鎌をもたげる
 ポーズをとるのですね。生まれたてなのに驚かされます。
 次の朝には、やや大きくなったかと思われる、体色がグレーになった
 2匹だけが残り、他はどこにも見当たリません。最早旅立ったのでしょうか。

 「約束の通りカマキリ生まる朝」   脩巳

 「旅立ちの風捉まえし子カマキリ」  脩巳

 どうか無事に生を全うするように、祈らずにはおられません。
 願わくば、1匹だけでも今秋戻って来て、卵を産み付けてくれるように、
 不思議な愛着を感じております。

 という訳で今回はこれまで。では、また、次回。
 皆様からの感想をお待ちしております。

スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR