FC2ブログ

雨の季節に

 やはり、アジサイには雨が良く似合いますね。
 目の醒めるような青いアジサイは、梅雨時の鬱陶しい気分を吹き飛ばして
 くれます。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 こちらでは、近くの林に目をやれば、ありました、ありました、あの香りの
 正体が…

 IMGP1639.jpg

 写真は何かおわかりでしょうか?
 凡そ都会で生まれ育った方々はご存知ないかもしれません。
 これは山栗の花です。
 桜のあとに咲く椎の木のスダジイの花の香りに似た、独特の香りを放ち、
 風に乗って漂います。
 スダジイは都心の公園や学校の庭にもよく見られ、中には天然記念物として
 大樹のものもありますね。

 IMGP1643.jpg
 拡大した山栗の花。

 長さ20センチほどのふんわりとした白い房状の花。
 一ヶ所に10本位が垂れ下がります。
 やがて、白から茶色に変化し、ほたほたと散り、気付けば金平糖のような
 小さな青い実が2~3個ついているのです。
 やがて、梅雨が明けひと夏の内にあのトゲを持つ「毬栗」(いがぐり)に変貌
 するのです。
 遠目にもふわふわとした房の花が、秋には沢山のトゲを持つ毬栗になることが
 不思議で、どうしてもイメージが結びつかないのです。
 「この花にしてあの実なり」と花と実の関係に感動すら覚えます。

 「花栗の毬となる日の不思議かな」   脩巳

 「結実の予想もつかず栗の花」   脩巳

 さて、この度の上野、東京都美術館での「21世紀アートボーダレス展」。
 ご覧いただきましたか。ご感想はいかがでしょう。
 これまでの、既成の美術団体展やジャンル別での美術展を見慣れている方々
 には、どの様に映ったのでしょうか。
 会場及び展示・演出にも依ると思いますが、私、出品者本人には新鮮な印象
 でした。
 各々の分野の作家諸氏の力作が一堂に会して、緊張感みなぎる展覧会だった
 と思います。
 規模としては大きくはありませんが、そのことを含め良い形で発展的に次回へ
 繋がることを希望して止みません。
 ご来場いただきました皆様には、この場を借りてお礼を申し上げます。

 今回は、改めて出品作品「Sakura」をご紹介いたします。

 IMGP1617.jpg
 作品全体
  
 二曲一隻屏風の寸法は94×94センチ大。
 一面総純銀箔二度押し(二重貼りのこと)の後、顔料による桜花の描画。
 人形は高さ50センチ。
 頭部と両手は、アクリル絵具白色の吹き付け、そしてつまみ細工。
 両耳たぶには、カットダイヤモンド(本物です)のピアス。
 果たして気付かれましたかどうか。
 指先の爪は、ネイルサロンの付け爪を加工してペインティング。
 ボディは純銀箔、桜花描画。
 円台は直径40センチ。木製の板に和紙を貼り、純銀箔、桜花描画。

 IMGP1583.jpg
 頭部と背景

 IMGP1555.jpg
 円台とボディ

 IMGP1634.jpg
 会場展示。右はキャプション(略歴・説明)

 IMGP1632.jpg
 角度を変えて。
 銀箔仕上げなので光の加減や見る角度によって、光景が異なってきます。
 夜のイメージにも感じられます。

 IMGP1628.jpg
 会場入り口

 いかがでしたか。会場でご覧いただけなかった皆様には、ブログでの
 「Sakura」初お披露目となりました。

 さて最後に、飛び入りの猫制作の途中をご紹介しましょう。
 「ニャン武蔵(ムチャシ)」です。

 IMGP1618.jpg
 形成。おっとっと…

 IMGP1624.jpg
 研磨終了。

 果たして完成はいかが相成りますか。乞うご期待。

 お知らせ
   7月は、9日(水)~14日(月) 名古屋栄三越、
 その後、
   16日(水)~21日(月) 札幌大丸 へとキンネコ達が出張します。

 今回は、これまで。皆様からのご感想をお待ちしております。
 また、次回。



スポンサーサイト



展覧会のご案内

 関東地方も本日梅雨入りのニュースが流れました。
 予期せぬ暑さ続きの後の入梅ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 上野の東京都美術館のDMができましたので、展覧会のご案内方々
 ご紹介します。

 裏
<
 表

 私は、会場には不在となりますが、人形だけでなくドールハウス、
 シャドーボックス、アートフラワー等、様々なアート&クラフトがお楽しみ
 いただけます。
 昨年から手がけてきた私の「SAKURA」がどんな花を咲かせているか、ご覧
 いただければ幸いです。

 サクラといえば、4月の吉祥寺の展覧会「さくら祭人形展」に出品して、皆様から
 好評をいただいた金魚姫。
 ブログでは会場風景のみで、個別の作品はあまりご紹介できませんでしたので、
 今回は、「さくら色」の金魚姫とキンネコのツーショットをどうぞ。

 IMGP1336.jpg

 キンネコは、7月に名古屋三越のあと札幌大丸に出向く予定です。
 作者よりも身軽にあちらこちら旅をするキンネコ達がうらやましくもあり…
 といったところでしょうか。

 それでは、また次回。感想などお待ちしております。 

プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR