FC2ブログ

三寒四温

 春に三日の晴れなし…とはよく言ったものですね。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 ここ数日来ようやく春らしい陽気になりつつありますが、突如寒の戻りのような
 天気に。三寒四温。春の女神はなかなかベールを脱いではくれませんね。
 ところで、桜前線はどうやら20日位に、まず高知から日本列島に上陸しそう
 とのこと。こちらの里山では、例年東京よりも少し遅れてやって来ます。

 IMGP2609.jpg
 近隣にて

 IMGP2608.jpg
 梅香る

 さて、写真は3月上旬の近隣でのショット。
 暖かさに誘われて、フンダラベンツで出掛け目にした光景。
 もう何年も荒れ放題の農家の梅林です。
 立ち枯れた草木の中にうっすらと梅の木が見えます。
 花がちょうど見頃を迎えていました。
 ここは、以前ブログで梅の実を取り上げた時の場所です。
 そう言えば、夏場は草ボウボウで、梅の木も隠れてしまうほどだったことを
 思い出しました。

 「梅林や荒れても高き香を放つ」  脩巳

 人の手を離れ、すっかり見捨てられた梅林にも時季が廻れば清々しく
 かぐわしい凛とした花々が咲くのを目の辺りにしました。
 我が春を誇示する如く香り立つのですね。
 同じ梅の花でも、公園などの手入れの良く行き届いた木の花よりも野性味を
 帯びて、どことなく気高く咲き誇っているように思えて、ついついひいき目に
 見入ってしまいます。

 お待ち遠様でした。制作状況についてご紹介しましょう。
 5月の日本橋三越での「アニマルパーク展」への作品創りに着手しました。

 IMGP2571.jpg  IMGP2579.jpg
①油土による成形。          ②何の頭部?

 IMGP2596.jpg  IMGP2597.jpg
 ③石膏型。油土の頭部を縦半分にして、 ④石粉粘土による型おこし。
  石膏を流し掛け、型を造る。 

 IMGP2598.jpg  IMGP2616.jpg
 ⑤型からはずし乾燥。         ⑥最初の研磨。 

 IMGP2622.jpg
 ⑦更に造形してイメージを膨らませる。

 さて、これからどうなっていきますか、お楽しみに。
 締めくくりに。
 2月の「猫・ネコ・NEKOアート展」(新宿伊勢丹)、
 「第31回ニュークリエイティブ展」(東京都美術館)、
 そして、3月上旬の「ニャン博2015展」(名古屋松坂屋百貨店)は、
 いずれも盛会の内に無事終了致しました。
 多くの皆様にお越し頂き、ありがとうございました。
 次の写真は、「第31回ニュークリエイティブ展」のものです。

 IMGP2593.jpg
 入り口。

 IMGP2586.jpg
 出品作「祈り」と。

 最後に一句。

 「春の雨傘を差す人差さぬ人」  脩巳

 冒頭の「春に三日の晴れなし」にもつながりますが、春の雨には弱い霧雨の
 様な雨が多く、それも止んだり又降ったりで、道行く人は傘を持っていても
 差さない人をけっこう見かけますね。
 でも、気付くと存外濡れていたりします。
 それでも昔から「春雨じゃ、濡れて参ろう」と言う名セリフがあるくらいですから、
 情報社会のせわしないご時世、春雨を楽しむのも一興ではございます。

 今回はこれまで。皆様のご感想をお待ちしております。
 では、また次回。東京のお花見気分も落ち着いた頃に。

スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR