FC2ブログ

梅雨寒や…

 「梅雨寒や猫抱く婆の背は丸く」  脩巳

 日本列島は、北海道と沖縄を除いた本州全土が梅雨まっただ中。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 しとしと降る雨や、むしむしと肌にまとわりつくような温気のうっとうしさは
 梅雨ならでは。
 そんな中、曇天とは言えしばしの晴れ間や、久々の太陽が朝からもたらす
 梅雨の晴れ間。
 5月や梅雨明けの晴れの様にカラッとしないものの、「待ってました!」と
 ばかりに、気持ちが晴々するのは嬉しいものですね。

 「取り出してもう一度干す梅雨晴れ間」  脩巳

 取り出したモノとは、一体何でしょう。
 それはさておき、今回は爽やかなショットからどうぞ。

 IMGP2939.jpg
 枝に青々とした数々の果実。

 IMGP2964.jpg
 紅く色付いて鮮やかに。

 さて何だかお分かりでしょうか。
 「李」…すもも、久しく耳にしなかった言葉ではありませんか。
 ひょっとしたら、初めて知る人も多いかも知れません。
 早口言葉で、「スモモも モモも モモのうち」のあの「李」です。
 今では「プラム」と言う方が耳に馴染んでいますが、プラムは所謂西洋の
 スモモのこと。写真は、昔から日本にある「李」です。

 1枚目は梅雨入り前に撮影したもの。2枚目はつい先日、梅雨最中のもの。
 近隣の農家の庭先で育つ李の木です。
 「マイベンツ」で通る道すがらの一角ですので、実が紅く色付いた頃に撮影に
 行きました。
 ちょうど運よく、そのお家の方が鎌で木々の下草刈りをしておられたので、
 庭に入らせていただき、写真撮影をお願いしましたところ、快いお返事と共に
 「良かったら幾つでも採ってらっしゃい」との嬉しいお言葉。
 もちろん甘えさせていただきましたよ。
 そして、遠慮なく頂戴した「収穫物」が次の写真です。

 IMGP2967.jpg
 つややかに色付き、美しい!

 紅く色付いた李は、酸味はまろやかですが、果実の食感は歯ざわりに欠ける
 ようですね。
 紅くなる前の黄色いくらいの時が、酸味と甘味と歯ざわりが三味一体の感で
 とても美味しいと思います。

 「童心を呼び起こしつつ李狩り」  脩巳

 子どもの頃を思い出し、少し遠慮しながらも農家の方のお言葉に甘えて、
 李狩りに興じた梅雨の晴れ間にひとときでした。ありがとうございました。

 さて、今回は立体作品の制作は紹介する程進んでおりませず、
 久々に平面作品をどうぞ。
 我が愛しのキンネコのボディにもなっております「金魚」を描いた色紙です。
 夏の涼に一興を添えればと思います。

 IMGP2991.jpg

 IMGP2989.jpg

 さて、次にお知らせを3点。

 1.前回ブログで今後の展覧会情報を記しましたが、その中で、
   来年2016年6月に「シェイクスピア没後400年記念の作品展」が
   正式に決まりました。
   シェイクスピア作品の演劇上演とタイアップ開催です。お楽しみに。
   期日   2016年6月10日(金)〜14日(火)
   場所   早稲田スコットホールギャラリー
   アクセス 東西線早稲田駅 徒歩5分 (穴八幡神社の裏側)

   EPSON008.jpg
   スコットホール外観

   EPSON007.jpg
    ギャラリー内部

 2.出版物 その1
   「現代美術・アーティストファイル Ⅳ 保存版」 (アートボックス社)
   私の作品を現代美術の範ちゅうと捉えて下さり、「Sakura」、「祈り」、
   「キンネコ」が2頁に渡って掲載されました。
   内容は、絵画、彫刻を含む立体作品等、現代美術作品を幅広く紹介し、
   海外作家28名、国内作家100名の作品を掲載。
   美術館、図書館、ギャラリー、美術大学等に収蔵されています。
   A4変型判サイズ、フルカラー245頁。
   価格は、この種の本としては求めやすい3,000円+税。
   興味をお持ちの方は、アートボックス社(TEL 03-5324-2611)、
   または書店にお問い合わせ下さい。
  
 3.出版物 その2
   「人形情報誌 P.D.N」 第16号、6月下旬発売の「動物作品特集」に
   掲載されました。
   こちらは、京都の亥辰社(いしんしゃ)が出版を手掛けている人形専門誌で、
   過去2回ほど私の作品を紹介していただきました。
   今回掲載されたのは、「天馬」、「羊神」、「金魚姫」、「大漁夫婦猫」、
   「キンネコ」。
   A4大サイズ、カラー、28頁。価格は1,296円(税込)。
   お問い合わせは「亥辰社」(TEL 075-644-8141)まで。

 以上、今回はここまで。
 梅雨明けを心待ちにしておりますが、日本全国集中豪雨に見舞われないことを
 祈りつつ、また、この時季の皆様のご健康を祈りつつ…

スポンサーサイト



新緑から深緑へ

 木々の緑はその深さを増して、季節は夏へと移りつつあります。
 とりわけこの時季の今年の高温状況は、いつになく一ヶ月先取りしている様
 ですね。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 こちらの里山では、鶯がすっかりマスターしたご自慢の歌声を、誇らしげに、
 声張り上げて深緑の間を一日中響かせております。
 中でも、「ケキョケキョケキョ」と鳴くけたたましいソプラノもさることながら、
 安定感のあるメゾソプラノやアルトの「ホーホケキョ」は、えも言われず聴く耳に
 染み入ってきます。

 さて、本日は珍しいワンショットから始めましょう。

 IMGP2894.jpg
 自転車のハンドルに…

 ご覧の写真は小さなアオガエルです。
 なんと自転車のハンドルにちょこなんと陣取っています。
 急いでカメラを取り出してパチリ。

 「ハンドルを小さき蛙に乗っ取られ」   脩巳

 青蛙は、駅前の駐輪場から家までそのまま自転車のハンドルに乗ってドライブ。
 到着後、家の玄関近くの八ツ手の葉に乗せて、めでたく我が家の一員に収まった
 次第です。
 2〜3日して八ツ手の葉の茂みを覗いてみると、葉陰に青蛙を発見。

 IMGP2906.jpg
 保護色?

 「青蛙青き葉陰に隠れ居り」   脩巳

 さて、さて、お待たせ致しました。
 今回の制作のピンナップは、前回ご覧頂けなかったキンネコ、コキンネコ達の
 新メンバー紹介から参りましょう。
 この子達は「アニマルパーク展」(日本橋三越 5月13日〜26日)に出向き
 お陰様で好評を博しました。
 期間中はたくさんの方々にご来場頂き、大盛況の内に無事閉会致しました。
 ご多忙の中ご来場下さった皆様に、改めて御礼申し上げます。
 私にとって今後の発展につながる展覧会となりました。ありがとうございました。
 では愛しのキンネコ、コキンネコ達をどうぞ。

 IMGP2848.jpg
 シャム猫風キンネコ

 IMGP2838.jpg
 アメリカンカールロングヘアのキンネコ(親)

           IMGP2829.jpg
           同上のコキンネコ(子)

           IMGP2828.jpg
           エキゾチックショートヘアのコキンネコ

           IMGP2819.jpg
           スコティッシュフォールドのコキンネコ

 いかがでしたでしょうか。
 アメリカンカールロングヘアのキンネコ・コキンネコは親子の設定。
 写真では大きさの比較が判明しませんが、コキンネコはキンネコより2回りほど
 小さくなっています。
 (うっかりして親子一緒のショットを残さなかったのは痛恨のミス!…トホホ)
 「アニマルパーク展」会場では、親子一緒に展示したのですが…

 さて、与左右衛門の作品出品の今後の予定は次の通りです。

 ・「ボーダーレス展 2015」 東京都美術館 11月

 ・「まねき猫や展」 山口県 9月予定

 ・「シェイクスピア作品に伴う人形展」(仮題) 2016年6月

 締めくくりに作品の頭部(制作途中)の写真を1枚。

 IMGP2909.jpg
 ???

 さて、この首、いずれの作品と相成りましょうか。

 以上、今回はここまで。

 制作に没頭して気付けば深夜。やおら手を置き、切り上げて遅い入浴。
 すっかり静まり返った夜の中に、近隣の早苗田から届く蛙の鳴く音。

 「真夜中の風呂もまた良し遠蛙」   脩巳

 重いまぶたに何とも心地よい遠蛙の音の子守唄。おっと入浴中の居眠りは禁物。
 眠気に鞭打って風呂から上がりましたとさ…

 冒頭にも述べましたが、例年になく連日の高温続きです。
 皆様、熱中症にご注意のほど。どうぞご自愛下さい。
 では、また次回に。

プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR