FC2ブログ

暖冬と聞けば

 立冬を過ぎて早やひと月すぎ。いつになく温暖な日々が続いております。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 予報によればこの冬は暖冬とか。
 久しぶりにこの「暖冬」という響きを耳にしたような気がします。

 「暖冬と聞けば心のほぐれけり」   脩巳

 毎年気に掛かる故郷越後の降雪も例年よりは少なかろうと、ちょっとだけ安心の
 心地です。
 ここ数年は3〜4メートルの大雪に見舞われて、甚大な被害が報告されています
 から、どうか大雪にならないようにと天の神様に祈るばかりです。

 早速制作の進行状況に参りましょう。
 まずは雛人形から。

 IMGP3555.jpg
 髪に墨を数回塗り重ねる。(下地)

 IMGP3614.jpg
 岩絵具の黒緑青(8番・荒目)を数回塗り重ねる。まだ途中。

 髪の下地に墨を使うのは深みを出すことに加え、墨のにかわ分を足していく
 ことで、次の黒緑青を定着させやすくするという働きがあります。
 髪の塗りはもうひと息といったところ。そしていよいよ顔描きに移ります。

 次に「干支展」出品作品の制作過程を紹介しましょう。
 前回は来年の干支「申」の頭部の一回目の研磨まででしたが、その後着色、
 吹き付けを行いました。

 IMGP3556.jpg1  IMGP3559.jpg
 1.体毛に使用するつまみ細工。一辺が1.5センチと2センチの二種類。
   正方形の絹地をピンセットでつまむ。(およそ600個)
 2.頭に植毛したところ。顔まわりは小さいつまみ。外に行くにつれて大きめを。
   (と言ってもご覧のサイズ)

 IMGP3564.jpg3  IMGP3580.jpg
 3.顔を描き入れ、眼球を入れる。手の仕上げ。
 4.同様に白猿に植毛。

 IMGP3565.jpg5  IMGP3572.jpg
 5.と、ここで「純金バナナ」?の初登場。
   皮の内側は純銀箔仕上げ、外側は純金箔を数回重ね仕上げ。
 6.バナナに桜の花、花びらを描く。(アクリル絵具使用)

 IMGP3577.jpg7  IMGP3632.jpg
 7.バナナの房完成。
 8.おなじみの三猿と相成りました。円柱台をつけて完成。
 
 IMGP3667.jpg
 9.見・言・聞、各々の表情。

 IMGP3654.jpg10  IMGP3656.jpg11
 10.白猿
 11.ほっこりとして。

 IMGP3645.jpg12  IMGP3650.jpg13
 12.赤猿
 13.にっこりした青い目の猿
 
 以上がバナナモンキーの作品です。
 なお、作品名は紹介順に、
 「モンキーバナナ・三猿」、」モンキーバナナ・ほっこり」、
 「モンキーバナナ・にっこり」です。
 「干支展」には上記の他に今年のアニマルパーク展に出品した「羊神」(黒)も
 再出品されます。
 改めて展覧会のDMをご紹介します。
 お時間がありましたら是非ご覧になって下さい。

 EPSON001.jpg

 締めくくりに巨大なダリアをご紹介。

 IMGP3673.jpg
 皇帝ダリア

 初めてご覧になる方もいらっしゃることでしょうが、この「皇帝ダリア」は、
 ここ数年ブームとも言えるほどあちらこちらで見かけるようになりました。
 樹とも言えるほどの丈は3〜4メートルになり、ご覧のように背景の電線に
 届かんばかりの大きさです。
 霜が降りると一晩の内にしおれ枯れてしまいますが、先述のように暖冬の
 今年は、まだまだ元気に咲き続けております。

 今年も余すところ数えるほどになりました。
 ひと月に一回の更新という小生のブログにおつき合い頂きまして、また、多くの
 方々に作品展へお運び頂きましてありがとうございました。
 来年が平和で豊かな一年でありますよう、皆様もどうぞ良き新年をお迎えください。
 では、また次回、新年1月に。

スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR