FC2ブログ

明けの春

 皆様、明けましておめでとうございます。
 2016新年をいかがお迎えでしょうか。
 本年も皆様がお健やかであります様にお祈り致します。
 また、ブログ「与左右衛門人形アート」を宜しくお願い致します。
 新年第一号は、まずはおめでたい写真から。

 IMGP3745.jpg
 元旦の夕方

 「房総の山脈(やまなみ)遥か初の富士」  脩巳

 山の八幡神社近くの切通しを登り切った所、ここ千葉の地より遥か彼方に
 富士山を見渡すことができます。
 手持ちのデジカメで望遠ギリギリの撮影でして、くっきり鮮やかでないところは
 ご容赦のほど。
 写真は元旦の夕方、山脈の向こうに陽が沈み、夕空のあかね色が増した
 5時半過ぎの撮影です。
 今冬は暖冬のせいか、元旦早朝は薄ぼやけてはっきりと確認ができません
 でした。
 いつもの冬ならば空気が澄み、早朝には雪をかぶった白い富士、良く晴れた
 日の夕方にはくっきりとしたそのシルエットを臨むことができます。
 ともあれ元旦に見られたことは喜ばしい限りです。

 さて、制作状況の紹介に移りましょう。
 今回は、現在制作中のおひな様の進行状況です。
 
 IMGP3713.jpg 1 IMGP3785.jpg 2
 1.綿手袋で顔のツヤ出し。
 2.一旦顔を描いて様子を見てみる。(仮)
 
 IMGP3753.jpg 3 IMGP3754.jpg 4
 3.屏風板の下張り。(薄美濃和紙) 生麩のり使用。乾燥させる。
 4.下張りの上から本紙張り。(鳥の子和紙)
 
 IMGP3756.jpg 5 IMGP3757.jpg 6
 5.本紙張り裏側。和紙を裏にまわし張る。再び乾燥を待つ。
 6.本紙張り乾燥後、屏風裏に化粧和紙を張る。なで刷毛を使用。
 
 IMGP3765.jpg 7 IMGP3758.jpg 8
 7.屏風裏の終了。
 8.屏風の和紙張り終了。(表裏)
 
 IMGP3793.jpg 9
 9.仮置き。イメージを膨らませる。

 これからいよいよおひな様の顔仕上げ、着衣、冠、屏風描画、枠付け等々
 まだまだ、作業は続きます。
 いくつかの作品を併行制作しており、少しづつの進行となります。
 以上、制作進行はこれまで。

 「与左右衛門人形アート」は、今年も制作の様子や展覧会情報など、状況に
 応じて皆様へ発信して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 因みに、近況では3月に「アニマルパーク展」(日本橋三越)、
 6月に「没後400年・シェイクスピア展」(早稲田スコットギャラリー)が
 確定しております。
 詳細は各々ブログ上でお知らせ致します。どうぞお楽しみに。

 締めくくりに一句。

 「靴跡のままを押し上げ霜柱」  脩巳

 例年ですと近くの畑で見られるこうした光景は、この冬一度も見ておりません。
 懐かしく思い起こしている次第です。

 今回はこれにて。では、また次回に。
 寒暖の差にご用心。

スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR