FC2ブログ

雨のお彼岸

 この秋のお彼岸は関東ではお天気に恵まれず、長雨続きの日照不足と
 なりました。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 お彼岸の一週間が雨模様で秋晴れが一日もなかったというのは、記憶にあり
 ませんね。
 気温も低めで肌寒く台風の影響も加わってか、あのうららかなお彼岸日和は
 どこへやらといったところでした。

 「秋彼岸雨をお供の墓参かな」  脩巳

 本日一枚目のショットをどうぞ。

 IMGP4904.jpg
 花壇の彼岸花

 最寄り駅の下りホーム脇の花壇の彼岸花がちょうど見頃を迎えました。
 彼岸花は毎年その球根を増やし続け、確実に花数が増えていきます。
 ずい分前になりますが、友人達と「巾着田」と呼ばれる彼岸花の群生地を
 訪れたことがありました。
 一面まっ赤なじゅうたんと化した彼岸花の広がりを目のあたりにした時、
 それはそれは見事な光景でした。
 いずれ写真のこの花壇がまっ赤な花であふれ、電車の乗降客の目を
 楽しませてくれることでしょう。

 「彼岸花降り立つ客を迎え居り」  脩巳

 さて、お待たせ致しました。
 今回は、前回の「月光の森」-パックのミニチュア版の追加制作の報告から
 始めましょう。

 IMGP4875.jpg  IMGP4881.jpg
 台座制作と装飾。           衝立の設置。

 IMGP4890.jpg
 ケースに入れて完成。

 次にキンネコ達の最新の面々を。
 
 IMGP4858.jpg
 夢見るコキンネコ。

         IMGP4849.jpg
         スコティッシュフォールドのコキンネコ。
    
 IMGP4845.jpg
 うす目の寝たふりキンネコ。
 
          
          IMGP4842.jpg
          白黒キンネコ・タマ。

 IMGP4862.jpg
 いたずらキンネコのおいでおいで。
  
           IMGP4866.jpg
           アメリカンカールのキンネコ。
 
 締めくくりにもう一枚。

 IMGP4899.jpg
 庭の彼岸花。

 こちらも見頃の彼岸花。草茫々の中。
 今年もちょうど彼岸の入りに開花してくれました。
 球根の数もかなり増えてきました。
 茎の根元にはまだ出たばかりのつぼみの赤が見えます。

 「彼岸花花冠傾く雨続き」  脩巳

 連日の雨模様に彼岸花も雨に打たれて冠が重たそうです。
 秋晴れの快晴の青空に映えるまっ赤な彼岸花を見たいものです。
 以上、今回はこれまで。

 いよいよ秋本番を迎えます。何をするにも心地よい季節。
 皆様どうぞお健やかにお過ごしください。
 では、また。

スポンサーサイト



残暑お見舞い申し上げます

 先日は台風9号の直撃を受け、長時間停電の憂き目に逢いまして、電気の
 恵みのありがたさをつくづく思い知らされました。
 9月に入ったばかりで、これからまだまだ幾つかの台風の襲来が予想されます。
 残暑厳しき折柄、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回は、8月30日に終了したばかりの東京駅丸の内オアゾでの
 「21世紀アートボーダレス展2016」展示からスタートしましょう。
 会期中にご来場いただきました多くの皆様、ありがとうございました。
 会場不在がちにて大変失礼いたしました。

 IMGP4835.jpg
 会場入り口

 IMGP4837.jpg
 私の展示作品全容。左は「月光の森」小作品。

 IMGP4826.jpg
 跳ねる人魚「跳」とキンネコ達。虎と蝶の妖精の「遊戯」。

 さて、展示作品うち「月光の森」(妖精パック)ミニチュア衝立の制作過程の
 途中までが前回ブログでのご紹介でした。
 遡る形になりますが、ここからは引き続きその制作過程をご覧いただきましょう。

 IMGP4728.jpg  IMGP4729.jpg
 2センチ四方の布のつまみ細工。    パックの頭への植毛。
                    花の形に定着する。

 IMGP4730.jpg  IMGP4733.jpg
 スパンコールとビーズで仕上げる。   ビーズネックレスと共に体と頭の接合。
                    耳にエメラルドのピアス。

 IMGP4748.jpg  IMGP4759.jpg
 背景の日本画の完成。         パックを仮置きしてみる。
 左から銀砂子、右から金砂子。

 IMGP4763.jpg  IMGP4767.jpg
 布で木の葉の作成とパックへの     衝立の脚。
 取り付け。 背にも「葉根」を。    成形、塗装の後木の葉を散らす。
 靴にはフェルト地使用。        (背景の画面にも木の葉を付ける。)

 IMGP4802.jpg
 枠を取り付け、脚に差し込み完成。
 
 IMGP4811.jpg
 パックのアップもどうぞ。

 以上いかがでしたか?

 締めくくりに1枚。

 IMGP4821.jpg
 電車の座席にコガネムシ発見。

 夜の総武線でのワンショット。
 たまたまカメラを持ち合わせておりましたのでパチリ。

 「かなぶんも乗り込む夜の総武線」  脩巳

 そして、こちらの里山ではこの時季、朝4時半頃から突然蜩の大合唱が始まる
 連日です。
 朝に夕に蜩が夏の終わりを告げております。

 「蜩の大合唱に目覚めけり」  脩巳

 「蜩やまたもひととせ過ぎて行き」  脩巳

 今回はここまで。皆様ごきげんよう。
 では、また次回。

プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR