FC2ブログ

猛暑の夏到来!

 関東地方が梅雨明けして1週間が経ちました。
 私の予想通りやはり空梅雨の様相で、こちらの里山では雨降りの日が幾日
 あったのか、数えるまでもないくらいです。
 梅雨の間の千葉県の降水量は、何と平年値の35.9%とのことでした。
 ところが先般、梅雨時の集中豪雨は、九州北部に甚大な被害をもたらしました。
 報道される度に胸が痛みます。
 また、つい先頃の新潟県、秋田県の豪雨被害と相次ぐ列島各地での災害…
 心よりお見舞い申し上げます。
 気象庁の予報では、この夏は例年になく猛暑とのこと。
 暑さ対策には用心に用心を。

 さて、本日は前回ブログでご披露した夕闇の中の白紫陽花の変貌の
 ショットから。

 IMGP5634.jpg
 切り詰めた枝の葉のつけ根に新芽が。

 ブログに花を掲載したあと、ほどなく枝を切り詰めました。
 枝の下方の葉を4枚残して切り落としました。
 来年確実に花を咲かせるための枝切りです。
 1週間ほどすると葉のつけ根から芽が伸び始め、3週間経つとご覧のように
 かなりの大きさになりました。

 「紫陽花や早来ん年(こんとし)へ花支度」  脩巳

 枝を切り詰めた直後から、すでに来年の花の準備が始まっております。
 生命ある限りこうして脈々と続く植物の営みには、改めて畏敬の念を
 抱かずにはいられません。

 さて、お待たせ致しました。制作近況へ参りましょう。
 我が家の珍客のお色直しが済みました。間もなくお帰りあそばします。

 IMGP5641.jpg
 見目麗しく、颯爽と。

 次は、新しく制作を開始した型起こしの準備から。

 IMGP5621.jpg  IMGP5627.jpg
 油土                 練り込んでほど良い固さに。
 
 IMGP5629.jpg  IMGP5632.jpg
 土台に油土を少しずつかぶせて     ひと通り油土で顔の形にしたところ。
 形成する。              ここから具体的に進める。

 今度の制作は、少し大きな平面作品との組み合わせの予定です。
 テーマはさしずめ「生と死」と言ったところでしょうか。

 締めくくりに珍しい植物の写真を。

 IMGP5606.jpg  IMGP5597.jpg
 草むらの中の赤い果実         収穫

 写真は「苗代苺」(ナワシロイチゴ)です。
 またの名を「皐月苺」(サツキイチゴ)とも。
 道端の草むらの中に見つけた時は、懐しさに思わず声を発してしまったほど。
 強い酸味の赤い実を口にして、ひととき子供の頃の思い出に浸ったのでした。

 「皐月苺昔のままの酸っぱさよ」  脩巳

 木苺の仲間のこの野苺。今、食んでみても酸っぱいだけで美味しいとは
 言えない野苺。
 子供の頃夢中で摘んだのは、食べることよりも草むらに見つけて、
 両手一杯にする楽しさの方が勝っていたのだろうと思います。

 以上、今回はこれまで。
 皆様、熱中症にはくれぐれもご注意のほど。
 ご自愛ください。では、また、次回。

スポンサーサイト



梅雨本番を迎えて

 空梅雨かなと思っていた矢先、関東もようやく梅雨らしい天気になって
 きました。
 ただいま梅雨のまっ最中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 この時季と言えばこの花、そう紫陽花です。
 紫陽花と言えば鮮やかな青や紫、ピンク等々、様々な色もさることながら、
 その種類も実に豊富です。
 そして品種改良に伴い、ガクアジサイ、西洋アジサイ、一重咲き、八重咲き、
 更に新色と、毎年のように花屋の店頭に新種ものが顔を揃えます。
 本日ここにお披露目の紫陽花は、真っ白な西洋紫陽花です。
 それも夜のショットです。
 3年前に一枝挿し木したものが、期待に応えて順調に育ち、昨夏の剪定が
 上手く行き、今年はご覧の様に花を付けました。

 IMGP5593.jpg
 花の数13

 因みに花の直径は20センチほど、見事な大きさで威風堂々たるものです。

 「紫陽花の白 闇の色深くして」  脩巳

 「紫陽花の闇の際立つ白さかな」  脩巳

 次にもう1枚。

 IMGP5579.jpg
 野蕗の皮剥き

 狭い庭に少しだけ野蕗が生えていて、花々に施した肥料の分け前に与り
 かなり丈が伸びたので、採ってから皮を剥いたところです。
 梅雨空のどんよりとしたうっとうしい午前中でしたので、CDのチェロ演奏を
 聴きながらの作業でした。
 梅雨のさなかのひとときにチェロの音色がしっくり来ます。

 「ヨーヨーマ ボリューム上げて蕗を剥く」  脩巳

 蕗の皮を剥く一連の動作が何だかチェロの弦を引く弓にダブって、暫し
 楽しい想像のひとときでした。
 蕗はしっかりゆでてアク抜きをしてから薄味で炊きました。
 季節の旬のものを食すると、身体の細胞の隅々にまでパワーが漲って元気に
 なりますね。

 さて、お待たせ致しました。制作の状況に参りましょう。
 しばらく前回の「珍客」のお召し替えが続いております。

 IMGP5572.jpg  IMGP5573.jpg
 腹とキン○○に純金箔を施す     一回目の押箔。ふぐりには金砂子

 IMGP5580.jpg  IMGP5586.jpg
 アクリル絵具での彩色         彩色を進める

 IMGP5587.jpg
 途中の様相

 お召し替えは遅々としつつもまだ続きます。

 締めくくりにもう1枚。

 IMGP5576.jpg
 花咲く南天

 屋外のフェンス脇の南天の木です。高さは150センチほど。
 ここに植えた憶えはありません。おそらくは鳥の仕業でしょう。
 ちょうど良い具合に家の西の外壁に沿って生えております。
 もう、5~6年は経ていますが、花の量の割には実を結ばず、どうしたものかと
 不思議です。
 昨年はわずかに5~6個赤い実を見ましたが、よそ様のお庭や塀の南天の
 ように枝垂れるほどの見事な赤い実の枝は、これまで見ておりません。
 今秋こそ枝もたわわに赤い実が枝垂れてくれますように…

 「南天の花ぱらぱらとこぼれつつ」  脩巳

 以上今回はこれまで。
 うっとうしい梅雨時、皆様体調管理にご留意、ご自愛ください。
 では、また次回。

プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR