FC2ブログ

夏はどこへ行った?

 東京は8月に入ってからずっと、すっきりしない雨模様の天気が続いて
 いるとか。
 こちらでも真夏の太陽と青空はすっかりお隠れになり、「凌ぎやすい夏」です。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 前回のブログで暑さ対策を、熱中症対策を、などと記しましたが、何だか
 肩透かしを食らった気分です。
 日照不足で野菜の価格高騰が目立ってきたようです。
 果たして「夏」は持ち直すのか、はたまたこのまま秋に突入か…

 本日のショット1枚目は、百合の花。
 郊外の住宅地や空き地でも目にすることがあろうかと思います。

 IMGP5672.jpg
 白い朝顔と共に

 IMGP5673.jpg
 別株の花のズームアップ

 これは「高砂百合」と呼ばれています。
 通常百合は球根で増えますが、この百合は花の終わったあと、雌しべの
 つけ根にできる子房が肥大し、その中に種子がたくさんできます。
 その種子が子房からはじけ飛んで風に乗って来たものが、いつの間にか
 我が家の外壁脇の土に自生したものです。
 苗から成長すること3~4年で花を付けたと記憶しております。
 多年草ですから、年を経るごとに茎は太く大きくなり、その丈は1メートル
 ほどになります。花数も年々増してきます。
 辞書に依れば「原産地は台湾。鉄砲百合に似て白い花。
 琉球語で高砂はタカサングであり、台湾の別称。」とあります。
 つまり、高砂百合は台湾百合ということでしょうか。

 「高砂と言う名を冠す白き百合」  脩巳

 さて、お待たせしました。制作近況に参りましょう。
  
 IMGP5654.jpg      IMGP5660.jpg
 顔の成形               成型の準備

 IMGP5661.jpg  IMGP5663.jpg
 石膏の準備              最初は少しゆるめの石膏をかけて
                    凹みに行き渡らせる。

 IMGP5665.jpg  IMGP5668.jpg
 4~5回に分けて手早く石膏を     石膏の重ねかぶせ終了
 かける。

 IMGP5676.jpg  IMGP5679.jpg
 一晩置き乾燥後            油土を石膏からはずしたところ

 IMGP5683.jpg
 石膏型の完成。洗って油分を落とし天日干し。
 
 以上、今回の制作近況はここまでです。
 締めくくりに、前回の「珍客」の門出に際して鎮座まします1枚をどうぞ。
 帯地を使って座布団を作って差し上げ、より華やかに装いました。

 IMGP5645.jpg
 金襴地の座布団に

 これまでの涼しい夏がこのまま秋に移行するとは思えませんね。
 残暑、とりわけ9月に8月分が追い打ちをかけて暑くなりそうな予感がします。
 その時こそ熱中症対策に留意しましょう。
 今回はこれまで。皆様どうぞご自愛下さい。
 では、また次回。

スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR