FC2ブログ

春立つ日

 関東地方は1月末の4年振り大雪の影響が後を引く中、追いかけての降雪。
 そうこうしている内に節分、立春を迎えました。
 大陸からの強力寒波は容赦なく日本列島を襲い、各地で何十年振りの大雪を
 記録しています。
 陽光には力強さが増して春への期待が膨らんではいるのですが、兎にも角にも
 気温が低くて厳しい冬が続いております。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 「今朝の春雨戸繰る音弾みけり」  脩巳

 「雨戸繰る音弾みけり春立つ日」  脩巳

 暦で立春を迎えれば、まだまだ真冬の寒さの中にも心なしか春を感じようと、
 そぞろ気持ちが浮き立ちわくわくして来るのも嬉しいものですね。

 さて、前後しますが先頃の降雪、東京都心では22〜23センチの積雪を記録
 したようですが、こちらも久しぶりに大雪に見舞われました。
 ただ、降り出しも午後からで積雪もせいぜい10センチほど。
 房総のこの辺りでは、東京や千葉北西部が雪降りでも大抵はみぞれか雨に
 なるのですが、今回は珍しく本当に久しぶりの降雪でした。
 夜も早い内に止み、翌朝はスッキリ晴れ上がりました。
 そんな光景のショットから始めましょう。

 IMGP6051.jpg
 前方の竹林を見上げる

 山の端から日が昇り、ちょうど向かいの雪をかぶった竹林に陽が当たり
 輝いています。
 キーンと澄み渡り物音ひとつしない静寂の中、神々しいばかりのひとときでした。

 「雪晴るる神々おわす朝かな」  脩巳

 お待たせ致しました。制作近況へ参りましょう。

 IMGP6065.jpg  IMGP6067.jpg
 後頭部の研磨             耳の部分

 と、ここで頭部を仮接合した結果、頭頂部の修正へ。

 IMGP6070.jpg  IMGP6073.jpg
 再び石粉粘土で頭部を盛り上げる    大幅修正

 IMGP6075.jpg  IMGP6077.jpg
 ひとまず終了             手の制作開始

 IMGP6081.jpg  IMGP6084.jpg
 左手と右手              ここから細部の詰めに入る

 以上、制作近況はこれまで。
 今回の作品は思わぬ所で修正箇所があり、「目」についても前回ブログで
 ご紹介した到達点を変更してやり直すことになりそうです。
 これも制作過程ではよくあること。
 やはり、より納得の行く作品造りに専念します。

 最後に「冬牡丹」2作を。色紙作品の部分アップです。

 IMGP6063.jpg
 濃い赤紫の花

 IMGP6058.jpg
 赤い花

 2月末近くまで各地の牡丹園で冬牡丹が見られますので、お出かけに
 なってみてください。

 以上、今回はこれまで。
 まだまだ寒さが続いております。
 また、インフルエンザがかつてない猛威を奮っております。
 皆様、くれぐれもご注意なされ、どうぞご自愛ください。

 では、また次回、水温む頃に。

スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR