FC2ブログ

「立春」に「春一番」とは!

 北陸地方では2月4日の立春に春一番を記録して、文字通り「春」到来と
 なりました。
 関東でも期待はしたのですが、この日の春一番はどうやら見送りになりました。
 無論本格的な春の到来はまだまだ先のこと。
 寒さ対策もまだまだ要注意の事は周知ですが、暦の上の立春に春一番が
 重なろうとは、何とも幸先良い兆しを感じるのは私だけでしょうか。

 さて、本日の1枚目は立春数日前の風もなく暖かな午後の日射しの中での
 ショットです。

 IMGP6885.jpg
 道路脇の藪

 写真の中景の左右に広がる藪が主題です。
 陽だまりの藪の中にどうやらウグイスがいるようです。
 「チッ、チチッ、チッ」と短いながらもご機嫌よろしく囀りが聞こえます。
 自転車で通りかかりましたので、鼻歌でも口ずさんでいようものなら、おそらく
 聴き取れなかったことでしょう。
 そぉーっと自転車を止めてしばらく聴き耳を立てます。

 「笹鳴きや目を凝らし聴く藪の中」  脩巳

 「笹鳴き」とは、「冬に鶯の鳴声がまだ調わず舌鼓を打つように鳴くこと。
 また、その鳴く声 《冬》 」と広辞苑にあります。

 「笹鳴きの主はいずこや藪の中」  脩巳

 笹鳴きの頃は元より春爛漫の頃でも、清らかな歌声を高らかに響かせて
 くれるものの、そのウグイスの姿を目にすることは滅多にありません。
 稀に目にしてもその動きたるやとてもすばしっこく、姿を確認出来ただけでも
 ラッキーですね。

 さて、お待たせしました。制作紹介へ参りましょう。

 先般、Y氏からのご依頼で、愛猫「2代目ベルちゃん」を制作した際の
 作品紹介です。

 IMGP6847.jpg
 背ビレなし正面

 IMGP6852.jpg
 背ビレなし横から

 IMGP6850.jpg
 背ビレあり正面

 IMGP6889.jpg
 背ビレあり横から 

 IMGP6875.jpg
 背ビレありの模様

 IMGP6874.jpg
 背ビレありの真上から

 ご紹介の6枚は、ご存知キンネコ作品のお馴染みの表情に見えますが、
 実はこれらはキンネコ制作史上初の「描画仕上げ」に依るものです。
 これまでは頭部、手足のみ描画を用い、胴体の金魚の部分は、帯地・絹地の
 図柄を選んで、その組み合わせの妙を作品の要と位置付けての制作でした。
 Y氏からのご要望もあり、白い厚手の絹地を使用してあらかじめ絹地の伸縮性に
 一工程を加え、ベルちゃんの写真に基づき描画彩色したものです。
 リアリティの妙の一作品だと思います。
 Y氏は背ビレなしのベルちゃんを選ばれました。

 次に現在制作中なのは、4月の「アニマルパーク展」(日本橋三越)出品予定の
 「遊戯」・イノシシの新作品です。

 IMGP6891.jpg
 ただいま制作中

 締めくくりに色紙画を2枚。

 IMGP6882.jpg
 円窓に梅

 IMGP6878.jpg
 扇面に梅

 皆様の地域でも梅の花が咲いていますか。
 こちらでは白梅があちらこちらで香り始めております。
 インフルエンザが猛威をふるっております。皆様どうぞご自愛ください。
 春が待ち遠しいですね。
 以上、今回はこれまで。では、また、次回。


スポンサーサイト



プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR