FC2ブログ

春の風物詩 その1

 どうやらこの冬は「暖冬」と言うことで春を迎えられそうですね。
 暦の上では立春を過ぎました。
 そんな折も折、ようやく冬本番らしい冬将軍がお出ましになりました。
 北陸、東北地方には久しぶりの積雪が見られ、雪不足の地にも「恵みの雪」を
 もたらしました。
 が、それも束の間、再び日中の気温は連日3月並みになりそうとか…。
 気温の上下変動が激しい今日この頃です。

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 本日は早春の代名詞、「蕗の薹」のショットからどうぞ。

 IMGP7632.jpg
 発見!

 IMGP7649.jpg
 収穫

 先述の様に暖冬のせいか、今年は例年よりも早い出現。

 「花を見る前に摘みたし蕗の薹」  脩巳

 蕗の薹は花を葉に包んで地面から出て来ますが、この包まれた状態を
 「苞」(ほう)と言うとのこと。
 まさしく字のごとく「草冠に包む」、そのものですね。

 「降り注ぐ光まといし蕗の薹」  脩巳

 春の息吹たるや、パワー全開ですね。

 「味噌で好し醤油でも好し蕗の薹」  脩巳

 最もポピュラーな食し方はやはり「蕗味噌」と「天ぷら」でしょうね。
 少し成長して花を咲かせたものでも、茹でて水にさらし、アク抜きしてから、
 出汁醤油の「おひたし」も抜群ですよ。
 今回は「蕗味噌」で春一番のパワーを頂きました。

 春の風物詩、次は我が家のささやかな家庭菜園の「菜の花」と、今春も期待に
 応えてくれた「シンビジュ-ム」です。

 IMGP7639.jpg
 朝一の菜の花

 IMGP7647.jpg
 7号鉢(径21cm)2つ

 「菜の花や摘みては日々の食卓に」  脩巳

 文字通り「花より団子」でございます。
 葉の脇の伸びた花茎を摘んでは美味しく頂戴しております。
 シンビジュームは、花の色が左右の鉢に違いがありますが、実は2鉢とも
 同じものです。
 昨春に株分けして同じ環境、条件(肥料、水やりなど)で育てたのですが、
 開花してみたらご覧の通り。
 ひょっとしたら左の鉢は焼き物、右の鉢はプラスチックですから、違いは
 果たして?
 ちなみに左は12本、右は9本、計21本の花茎がつきました!

 「この春も応えて咲きし蘭の花」  脩巳

 さて、お待たせ致しました。制作状況へ参りましょう。

 4月8日からの「アニマルパーク展」(日本橋三越本店)に向けての制作を
 開始しました。今回は型取りを中心に。

 IMGP7652.jpg  IMGP7653.jpg
 石粉粘土をよく練ってから伸ばす    りんごの型に押し当てる

 IMGP7656.jpg  IMGP7658.jpg
 余分をそぎ取り2つ合わせる      型から取り出したところ

 IMGP7659.jpg  IMGP7660.jpg
 石粉粘土で接合            接合終了。乾燥、研磨へ。

 締めくくりに色紙絵を二題。

 IMGP7627.jpg
 扇面に和水仙

 IMGP7631.jpg
 円窓にセロジネ(蘭)

 以上、今回はこれまで。
 一日の寒暖差が激しい日が続きます。間もなくスギ花粉の飛散も始まります。
 皆様、どうぞご自愛の上お過ごし下さい。
 では、また、次回。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR