FC2ブログ

目には青葉

 目には青葉、山ホトトギス、初がつお…
 初がつおは、もう召し上がりましたか。
 新緑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 萌え出ずる若葉の柔らかな色合いに心を潤していたのもつかの間。
 あっという間にすっかり新緑の季節を迎えました。
 今回は、こちら里山の可憐な花の写真から参りましょう。
 一連の写真はアケビの蔓の花と新芽です。
 まず、淡い薄紫色の花は5枚葉アケビの花。
 濃紫色の房状の花は3枚葉アケビの花。

 IMGP2699.jpg
 5枚葉の花

 IMGP2681.jpg
 3枚葉の花

 そもそもアケビに2つの種類があることを知ったのは、我が故郷越後を離れて
 関東に来てからです。
 越後ではアケビと言えば3枚葉。
 5枚葉もあるのかも知れませんが、見たことはありませんでした。

 IMGP2685.jpg  IMGP2695.jpg
 赤茶色の新芽             摘み取った収穫

 赤茶色の新芽があちこちに沢山伸びておりますが、この3枚葉の新芽を
 山菜として食します。その名も「木の芽」。
 普通は木の芽と言えば山椒の葉のことですが、故郷では「木の芽」は
 アケビの蔓の新芽を指します。

 IMGP2708.jpg  IMGP2711.jpg
 ゆでて冷水に浸けたところ       大地の恵みを頂きます

 摘み取った新芽を沸騰したお湯に入れて30秒。
 あっという間に鮮やかな緑色に。
 素早く冷水に浸けて軽く絞って切り、しょう油、鰹節、生卵を添えて食します。
 これが「やっと春が来た!」としみじみ実感する瞬間です。
 味はスッキリとした苦味。シャキシャキとした食感。
 ゴーヤより苦味が少し強いかも知れません。
 もちろん、「生命の水」のお供としては最高。(酒の友、バンザーイ。)

 「故郷の大地は遥か木の芽摘む」   脩巳

 さて、お待たせ致しました。制作紹介です。
 前回は、頭部の出来上がりまででしたが、その続きから。
 実は、この動物は「羊」です。
 今回はその白バージョンと黒バージョンを並列しつつ紹介します。
 私の作品には欠かせない「つまみ細工」による植毛作業。
 今回は、両バージョンとも羊毛の量感を出す為に、2枚重ねのつまみを
 合計1000個以上作りましたので、かなり手間取りました。

 IMGP2763.jpg  IMGP2661.jpg
 赤と黒の2枚重ねのつまみを      白と淡い生成色の2枚でつまむ。
 植えつける。

 IMGP2792.jpg  IMGP2717.jpg
 黒バージョン用の卵殻象嵌式貼り込み。 大小合わせておよそ600個以上の
 卵殻は燻製卵を購入し、殻を使用。   2枚つまみをピンセットで植えつける。    
 もちろん、中身は美味しく頂きます。

 IMGP2799.jpg  IMGP2719.jpg
 後輪の貼り込み完成。         腕にも植毛する。             
 この後コーティングして完成へ。

 IMGP2809.jpg  IMGP2790.jpg
 純金箔地パネルへの取り付け。     純金箔地パネルへの取り付け。
 
 IMGP2805その1
 「羊神」黒バージョンの完成。アクリルケースに入ります。
 たて46センチ大。

 IMGP2794.jpg
 「羊神」白バージョンの完成。前回ブログの「羽子板使用」はこちら。
 アクリルケースに入ります。たて70センチ大。

 以上で「羊神」2体は完成です。
 さて、これらの作品は次の展覧会に出向きます。
 IMG_0634400.jpg
 今年の日本橋三越「彫刻アニマルパーク展」には、羊神2体の他、おなじみ
 キンネコ達と、新しく加わったコキンネコ達が勢揃いしますので、ご期待のほど。
        
 ご報告をもう一つ。先日の阪神百貨店での「まるごと猫フェスタ」は、無事終了
 しました。多くの方々にご来場頂きました。
 ありがとうございました。

 締めくくりに、春たけなわの光景のワンショットを1枚。

 IMGP2735.jpg
 八重椿の見事な落花。

 「仰向けにうつ伏せに落つ椿かな」   脩巳

 では、今回はこれまで。皆様春真っ盛りを満喫しましょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本橋三越アニマルパークにて購入させて頂いた「羊神」白さんが、今週納品されます!私の干支ですので、この愛らしい微笑をたたえた羊神さんが、私に美白(笑)と健康、笑顔で過ごせる毎日を授けてくれるようお祈りしつつ大切に飾らせていただきます。 同じく羊神(黒)さんも、同じく愛らしくて大変気に入りましたが、スペースの関係上等で、また機会がありましたら、是非ペアーで飾ってあげたいと思いましたが・・・ きっと、既に素敵な方のお宅に婿入りされましたね。
日本橋三越アニマルパークでは、沢山のキンネコに愛猫の面影をかさねて魅入っている方やスタッフの方に愛猫の話をされているご婦人が沢山いらっしゃいました。
与左右衛門様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
プロフィール

yosouemon

Author:yosouemon
新潟県生まれ
人形作家/画家
東京芸大日本画科卒
与左右衛門(よそうえもん)は
生家の屋号
本名 庭野脩身

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR